Loading…

木もれ陽物語ロゴ

メニュー

ブログ

素材選びは大事【靴の収納】

家の入口 【玄関】について考えます。

 

家族全員の靴、季節や用途によって異なる靴、

 

サイズもそれぞれ、素材もそれぞれ違う靴。

 

限られたスペースに全て仕舞い込むというのですから

 

当然「匂い」「湿気」「カビ」などの不快原因が集まってしまいます。

たくさんの靴が玄関の見えるところにあるのは、落ち着かないし

 

ほこりがたまる一方。

 

かと言って、扉の中にぎっしりと並べればカビが発生する可能性が高まります。

 

玄関、シューズクローゼットは風通しがよく、湿気を管理することができる環境に

 

しておく事が課題になってきますね。

 

 

 

①基本的には土間部分には、各自1足分しか置かない。

 

②家族、各自が自分のスペースを確保する。

 

③湿気・においを防ぐシューズクローゼット造作をする。

 

④造作する素材は静電気の起きにくい素材を考慮する。

 

⑤換気・風通しを良くする。

 

木もれ陽物語では、シューズクローゼットの造作をする時に

 

自然塗料を塗布した無垢材を使います。

 

シート張りの化粧板は見た目はつやっとしていて扱いやすいかと

 

思いますが、静電気でほこりが付きやすいので個人的にも好みません。

 

 

また壁についてはスイス漆喰を使用することによって

 

内部が調湿された状態を保つ事ができます。

 

石灰成分であるスイス漆喰がにおいを分解したり

 

カビ菌の発生を抑える働きをしてくれるので

 

クロスで仕上げるより快適な場所になるでしょう。

 

 

靴をきれいにしてから保管することは大前提ですが

 

それでも、目に見ない静電気やほこりがカビの原因となって

 

大事な靴を傷めたりせず、すぐ履ける状態に保てる事が理想です。

 

 

ただ、広々とシューズクローゼットを設けて棚と扉をつけたら

 

理想の活用方法になるという事ではなく、「環境」が大事だということを

 

考えてみてください。

 

 

素敵な新居も、場所や素材の選び方次第で使う度にストレスを感じる場所に

 

なりかねません。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

木もれ陽物語の家づくりについては、
以下からお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら

0436-40-8225

営業時間:9:00〜18:00(定休日:毎週水曜・第3木曜)

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

モデルハウス

木もれ陽物語の家を体感したい方は、
ぜひモデルハウスへお越しください。

モデルハウスイメージ画像