Loading…

木もれ陽物語ロゴ

メニュー

ブログ

災害を経験して建てる家

今年最初の3連休。

 

今日はとても寒いので外出よりも

 

暖かい部屋の中で過ごしたいところ。

 

 

業界では初売りのイベント開催が多くて

 

広告もにぎやかです。

 

 

年末年始、帰省されたタイミングで

 

マイホーム取得のお話や贈与のお話まで

 

家族の形態によってさまざまな相談がされたようです。

 

 

 

昨年は大きな台風、初めて経験する大規模停電や

 

河川の氾濫、その度の避難所経験など

 

今まで通りの経験値や危機管理では

 

日常生活が保てないという事を知った貴重な年でした。

 

「前回大丈夫だったんだから、次も大丈夫だろう・・」とか

 

「また避難しておけば何とかなるだろう・・」と思うのは

 

危険です。

 

大人であれば、我が身を守る事はできても

 

子供やご高齢の方など、情報収集や行動力が

 

追いつかない人たちがいます。

 

家族を守る為に色んな事象に対して

 

考えておくべき優先事項になっています。

 

 

 

マイホームを考えられる方は

 

建てる場所、とにかく立地は大事です。

 

昨年の台風のときにどういう状況であった場所なのか

 

記憶の濃いうちに確認しておくとよいと思います。

 

 

 

立地で安心できれば、そこからは家の構造や仕様で

 

予算をどう使うか優先順位をつけることができます。

 

基礎を高くしておこう・・とか

 

停電対策の為に太陽光や蓄電池など、「自給自足」できるものが

 

あればとても安心でしょう。

 

あの停電中の猛暑は体力的にも大変辛いものでした。

 

どれだけ普段の生活と変わらずに過ごせるかを考えて

 

家をシェルターのように造れたら・・・

 

 

 

考え方によっては

 

災害を経験したからこそ、より良い家づくりができると思えます。

 

 

 

どうか、しっかり選択する時間を持てるよう

早めの行動をご検討ください。

 

 

 

  • ↓ランキングに参加しています。クリックをお願いします↓

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村
  • ↓木もれ陽物語の施工ギャラリーを更新中↓

    施工ギャラリー更新中!木もれ陽物語の家づくりのイメージをふくらましませんか。バナー

お問い合わせ

木もれ陽物語の家づくりについては、
以下からお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら

0436-40-8225

営業時間:9:00〜18:00(定休日:毎週水曜・第3木曜)

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

モデルハウス

木もれ陽物語の家を体感したい方は、
ぜひモデルハウスへお越しください。

モデルハウスイメージ画像