Loading…

木もれ陽物語ロゴ

メニュー

ブログ

息がつまる収納はやめて

前回ブログで書いた収納についての続き。

 

新型コロナウィルス感染予防対策の営業自粛や外出自粛も

 

全面解除になり、久しぶりにゆっくりとお買い物をされた方も多いと思います。

 

日用品のストックなど、買い出し自体出来る事が嬉しいですね。

 

そんな中で買い出ししてきた日用品をまたどこに置くのか・・・

 

そもそも、収納は洋服やお布団などで占領され

 

置くところがなければ「床置き」「隅置き」「廊下置き」と

 

空いているスペースに並べざるを得ない状況になりがちです。

 

 

 

私が思う理想は、必ず適材適所に収納する事。

 

トイレで使うものはトイレに・・・またはトイレからすぐ近くに収納する。

 

洗面・掃除用具・ストック品もそれぞれ使う場所に収納することです。

 

(参考画像:いくら適材適所といっても・・・トイレットペーパーでピラミッドを作るのはNGですね。)

トイレに収納自体設ける事がなかなか厳しいかもしれませんが、上の画像のよう

 

に高い場所に収納するのはやはり理想ではありません。

 

かごには手が届きませんし、都度なにかの台を用意して取り出すことになります

 

からね・・・。

 

それと、これは私の感覚ですが自分の頭より高い場所に、いろいろ物があるのは

 

なんだか息が詰まるというか・・頭の中に荷物を抱えているような感じがして

 

空気がすっきり流れません。

 

天井はいつでも見晴らしよく・・・がひとつの約束事でもあります。

 

 

とにかく、「見やすくて取り出しやすい高さ」の収納位置が大事です。

 

 

家づくりがこれから!という方はトイレスペースの幅を1350取るか、またはトイ

 

レから近い場所に収納を決めると良いでしょう。

 

 

 

洗顔・浴室で使う洗剤類や小物の収納。

 

すきま収納を活用していらっしゃる方も多いと思います。

(参考画像:ニトリのランドリー収納の画像お借りしました)

 

洗面脱衣室で使うときに、画像のような置き方をすると思うのですが

 

引き出しの中身をサッと出せるようにするには、ラベルを貼ったり

 

するかもしれません。

 

私はというと、上から「シャンプー・リンス・洗顔・」「歯磨き粉類」「ボ

 

ディーソープ・ハンドソープ」「ボディスポンジ・タオルのストック」「洗濯洗

 

剤ストック」と分けていてカラダの各部分と位置関係を一緒にしています。

 

「頭➡顔➡胴体➡手➡洗うもの」 ラベルを貼らなくても感覚でサッと出せま

 

す。

 

浴室・洗面台を掃除する洗剤は洗面台の下の収納へ。

 

洗面台の下の収納は細かいものより大きめのものを収納しています。

 

案外、この収納部分は使いにくい事が多いので

 

サッと出して簡単にしまえる事を意識しています。

 

 

洗面台の下が適材適所ではなく、「横」ですね。

 

そうやって場所を決めて動き方にストレスをなくす工夫をしてみては

 

いかがでしょうか?

 

  • ↓ランキングに参加しています。クリックをお願いします↓

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村
  • ↓木もれ陽物語の施工ギャラリーを更新中↓

    施工ギャラリー更新中!木もれ陽物語の家づくりのイメージをふくらましませんか。バナー

お問い合わせ

木もれ陽物語の家づくりについては、
以下からお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら

0436-40-8225

営業時間:9:00〜18:00(定休日:毎週水曜・第3木曜)

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

モデルハウス

木もれ陽物語の家を体感したい方は、
ぜひモデルハウスへお越しください。

モデルハウスイメージ画像