Loading…

木もれ陽物語ロゴ

メニュー

ブログ

大好きだったお店

こんにちは。フジヒラです。

 

お盆に母宅へ身内が集まりました。

 

生まれ育った大多喜町の私の大好きな「高橋商店」通称 「けんどのおばちゃんち」が

 

解体されて更地になっていると聞いて

 

悲しくて仕方ありません。

 

「けんどのおばちゃんち」は私が小さい頃から通っていた

 

田舎のこじんまりとした商店でした。

 

部落の人の生活用品が少しあるだけ。。。

 

今年に入ってからやけに「けんどのおばちゃんち」を写真撮らせてもらいたい!と

 

思っていたのでもっと早くいけばよかったと後悔でなりません。

 

みんな小さい頃の大好きなお店があったと思います。

 

私にとって「けんどのおばちゃんち」がそうでした。

 

店先の大きなけやきの木。

 

古びたアイスケース。

 

開けにくくて閉めにくい木の引き戸。

 

乾物の入ったケース、海苔の缶・・・

 

古いそろばん、おばちゃんが手につばをつけて茶袋をあけて

 

卵を1キロはかる姿が懐かしくてたまりません。

 

 

解体した経緯は長年、同じ部落の方から土地を借りてお店をやっていたらしく

 

そろそろ返してもらいたい・・といわれてのことらしいですが

 

こんなにさみしいものだと思いませんでした。

 

もっと早くいけばよかったと只々後悔ばかり。

 

おばちゃんはすでに天国の人です。

 

今は息子さんご夫婦がいらっしゃるのですが

 

私が小さかったころから本当によく面倒を見て頂いた方。

 

 

想い出と大好きだった思いを伝えに今度、時間をつくって訪ねたいと思います。

 

 

 

お問い合わせ

木もれ陽物語の家づくりについては、
以下からお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら

0436-40-8225

営業時間:9:00〜18:00(定休日:毎週水曜・第3木曜)

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

モデルハウス

木もれ陽物語の家を体感したい方は、
ぜひモデルハウスへお越しください。

モデルハウスイメージ画像