Loading…

木もれ陽物語ロゴ

メニュー

ブログ

キッチンの場所、満足してますか?

家族の中で一番最初にキッチンに立つお母さん。

 

人によっては、5時台から起きてお弁当や朝ごはんの準備をしています。

 

眠い目をこすり、疲れた体を起こし・・・でもテキパキと終わらせないと

 

間に合わない!まして共働きであったりすれば自分の支度もあるわけで

 

 

女性の朝の時間は、すべてが早送りです。

 

知人の愚痴の一つが

 

「夏はいいけど冬の朝、朝陽も当たらない場所にキッチンがあって

 

 

暗い・・足元が寒いのがストレス。」と話していました。

 

私も個人的にキッチンと洗面スペースは明るい窓があり

 

特にキッチンは晴れの日も雨の日も、その日の天気を感じながら

 

使いたい場所と思っていたので同感です。

 

この写真は実邸 K様のキッチン。

 

東南角にキッチンと兼用のダイニングカウンターがあります。

 

キッチンに立つ人も、食事を待つ家族も朝陽を存分に感じられる場所ですし

 

欲張って窓の配置を大きく、小窓も多めに配置しました。

 

太陽の光だけでなく、木々の緑が目に入って

 

呼吸が穏やかになるような空間です。

 

 

そういえば、私が子供の頃によく遊びに行った親戚の家の「台所」は

 

立つと目の前が全面ガラス戸になっていて、そのガラス戸越しに

 

食器を置く棚がありました。

 

周辺の田んぼを眺めながら、洗物を手伝った時の気持ちよかったこと・・・。

 

おそらくその印象がずっと私の中にも根付いていて

 

憧れなのだと思います。

 

 

人間が動物的に感覚で心地よいと感じることが

 

そのまま健康や癒しに繋がっているのではないでしょうか?

 

無理やりな間取り、決まりきった間取りに諦めないで

 

一度、ひとつひとつの場所がどれだけ心地よい、清々しい空間かを

 

考えてみてください。

 

 

風水では「東で食べて西に寝る」というのだそうですが・・・

まさにその基本だったのかなと思うところです。

 

 

 

お問い合わせ

木もれ陽物語の家づくりについては、
以下からお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちら

0436-40-8225

営業時間:9:00〜18:00(定休日:毎週水曜・第3木曜)

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

モデルハウス

木もれ陽物語の家を体感したい方は、
ぜひモデルハウスへお越しください。

モデルハウスイメージ画像