木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

モデルハウス

麦色の部屋へ

どんな暮らしがしたいですか?その暮らし方をするにはどんな家が必要ですか?家に暮らしをあわせるのではなく、暮らし方に合った家を造ることが大切だと考えています。「木もれ陽物語」のモデルハウスで宿泊される時間は、そのように考える時間であって頂きたいと思っています。自分たちの家について必要なことに気づく機会となることを願っています。


清潔な空気に包まれるこの室内は、植物の鮮やかな色や香りをしっかりと感じさせます。出来上がった料理を広げ家族でテーブルを囲めば、まるでカフェで食事をしているようなステキな時間(とき)が始まります。

  • ひとたびソファに身を任せれば、そこにテレビも音楽も必要ありません。陽の光と自然素材が調和したリビングは、風がカーテンを抜ける音が心地よいほど上質な寛ぎをもたらしてくれます。
  • リビングはひのきの無垢、2階居室はパインの無垢を使っています。木の色、質感、自然塗料の色合いなどお好みはどちらでしょうか?
  • 八幡モデルハウス
  • 神納モデルハウス

このページのトップへ