木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

こだわりの素材

アレルギー・シックハウス症候群には自然素材をおすすめします

アレルギーやシックハウス症候群の原因となるのは大きくまとめると「化学物質」と「カビ」ここでは、その「化学物質」と「カビ」について家づくりの素材から対策をした場合、自然素材の中の何が効果的なのかをご紹介しています。

近年、快適性の向上や省エネルギー推進のため、断熱性能や気密性を向上させた建築物が増えています。同時に、化学物質を含む建築材料や生活用品が多く使われ、一方でエアコンなどの普及により窓を締切りにする機会が増えたことから、室内における化学物質の濃度が高くなる傾向があります。

新築や改築後の建物でさまざまな体調不良を訴える、いわゆるシックハウス症候群の事例に注目されているのは御存知でしたでしょうか?

自然素材の家とは無垢材や漆喰、自然健康塗料を積極的に用いた住宅の事

これを読んでいるみなさまが、もしアレルギーやシックハウス症候群に悩んでいらっしゃったり、お子さんの皮膚アレルギーで悩んでいる…匂いの過敏症で悩んでいるなどといった症状がお有りでしたら、是非最後までお読み頂きたいと思います。

もちろん、自然素材を使って家を建てたからといって症状がパタリと良くなるかというものではありません。他の原因もさまざまあるでしょう。ですが、もしかしたら今の生活環境に何かしらの問題があった場合、この自然素材をおすすめした事がきっかけになり家を建てるときの参考のひとつになれば幸いです。

自然素材が注目されている理由

自然素材が注目されている理由には、「シックハウス症候群やアレルギーの原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を含まない」「カビの発生を抑えて、滅菌効果がある」などと言われます。また無垢の木は呼吸しているため吸湿性・放湿性に優れいつでもサラっとしていることは「家の中の湿度を一定に保つ」という素晴らしい効果があることも、理由のひとつです。

人間は当たり前の事ですが、空気に触れて死ぬまで過ごします。口からも鼻からも酸素を吸って生きています。「おいしい空気」「爽やかな空気」…これは何かのうたい文句でもなんでもなく人間が健康に生きていくために必要なものだということを自然素材のおかげで改めて感じるようになりました。

シックハウスはもはや「シックハウス法」として定まるほど社会的な問題となっています。
建材に使用した化学物質の量にはランクがついているのをご存知でしょうか?「F☆☆☆☆エフフォー」指標。建築している現場の木材にシールが貼られていますので機会があったら是非見てください。☆の数が多いほど化学物質の拡散量が少ないという意味です。それにしても、このマークがついていても全ての化学物質に対してではありません。主にホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類のみ。化学物質は何万種もあり、シックハウス症候群の原因まではわかりません。

シックハウス症候群の症状 (WHO 世界保健機関)が挙げる症状の一例

  • のど・目・鼻・粘膜の痛み
  • じんましん・湿疹などの皮膚疾患
  • 唇などの粘膜の乾燥
  • 頭痛・呼吸器系の病気に感染しやすい
  • 息苦しくなったり、気道がゼイゼイと音を出す
  • 疲れやすい
  • めまいや嘔吐を繰り返す

このような症状が複数発生する症状をシックハウス症候群と呼んでいます。怖いのはこの状態が続くまま同じ環境の家に住み続けると次は「化学物質過敏症」という病気になる恐れがある…ということです。シックハウス症候群を甘くみてはいけないと思います。

化学物質として悪名高い「ホルムアルデヒド」は常温では無色、刺激臭をもつ可燃性気体です。水によく溶け、水溶液はホルマリンとして知られています。尿素樹脂、メラミン樹脂、フェノール樹脂の原料となりパーティクルボード※や合板を製造する際の接着剤や、化粧合板等の表面加工のため多用されてきました。

※パーティクルボードは、木材、その他の食物繊維の小片(パーティクル)に合成樹脂接着剤を塗布し一定の面積と厚さに熱圧成形してできた板状製品のことです。テレビボードやリビング家具などにも使われます。

建材から放散されるホルムアルデヒドの量は温度と湿度の影響を受けやすく、「温度が一度上がるとホルムアルデヒドの放散量が1.09倍となると言われています。もし、今の住まいでちょっと暑くなると頭が痛くなる、目がチカチカするなどといった症状があったらもしかするとホルムアルデヒドの放散と関わりがあるのかもしれません。

フローリングに化粧合板でできた家具、ビニールクロスで囲まれた部屋で温度・湿度があがったら気分がよくなくなるのも想像がつきます。

だからこそ、少しでも化学物質が放散されないような部屋で過ごすことが大切。100%自然素材というのは不可能かもしれません。でも極力、無垢の木を多く使い既製品のシート張りで作られた家具を置かない。天井、床、建具、窓枠などにもできる限り「木」を使う。…想像してみてください。その木で囲まれた空間にいる自分。

「質」にこだわれば「質」の良い暮らしが待っています。

フローリング材は多様なデザインで一見無垢のように見える床材も増えてきました。自然素材志向の方が増えると、早速「安価だけど本物ではないもの、デザインは本物に見えるもの」が商品化されます。でも、その見た目は美しくても削ったら何が出てくるでしょうか?表面には何が使われているでしょうか?日々のお掃除に化学製品のワックスを重ねますか?

無垢の床は削ったら、また本物の木が出てきます。市販のワックスは塗りません。自然健康塗料を塗布して木の芯まで染み渡らせ、呼吸をさせます。木が呼吸しなけれ調湿効果もありませんからね。

家具まで全て無垢材というのも難しいかもしれません。でも、少し意識して木製の家具を選んだら、きっと気が付くことがあります。静電気でほこりがたまる量、無垢の家具だと本当に少ないと思います。「質」にこだわれば「質」の良い暮らしが待っています。

子供達は大人より敏感にいろんな症状も出てきます。過ごす全ての環境が整わなくても長く過ごす家の環境を大人である私たちが知識を持って選んでいくことが、とてもとても大事なのです。

建材から放散されるホルムアルデヒドなどの化学物質から住まいの環境を守るには「無垢の木」とその木に塗装される塗料「自然健康塗料」をおすすめします。

カビの存在しない環境に近づける!

アレルギーやシックハウス症候群、喘息の原因は住宅の化学物質が原因…とお話してきましたが、実は、化学物質と同じく「カビ」も大きく影響していることを続けてご説明します。

カビの発生する環境

カビは温度が24度以上、湿度が60%以上 Ph9以下の状態になると「爆発的」に発生し室内に大量の胞子を放出します。(Ph:中性が7~8という数値、ビニールクロスや土壁は一般的にPh9以下の酸性です)

その胞子を人間が吸い込み健康被害になると言われています。このカビの発生しやすい条件は日本では冬以外、一年中当たり前に発生します。

どうしたら防げる? 壁、天井にスイス漆喰をおすすめします。

カビが大量発生するには、気温・湿度・Phの他に必要な要素があります。それは「エサ」です。カビはほこりの固まりではありません。生きている有害な菌です。その菌がエサとなるものを探しているわけです。

そこでまず化学物質の合成樹脂、ビニールクロスは空気を遮断するので結露を起こします。合成樹脂を含んだ塩ビクロスはここに24度以上が加わると「カビの大量発生」の条件が整ってしまうわけです。Ph9以下の素材ですから防ぐことは難しいですね。
家具の後ろや洗濯機の後ろ…空気や湿度がこもってしまう部分はカビにとって最高の生息地です。

その壁がPh9以上のアルカリ性素材に変わった場合、カビが発生する条件が絶たれます。スイス漆喰は特に強アルカリ性、Phは12.4以上です。カビ菌が死滅させられるというのはこの力がとても大きいのです。

サウナスーツを着続けますか?それとも綿の服を着ますか?

汗をかくためにサウナスーツを着て運動しますが、その汗の量…びっくりするほど出ますよね。寒い時期ならまだしも、気温の上がったころにサウナスーツを着て過ごしたらどうでしょう?皮膚呼吸できなくて気分が悪くなります。気分が悪くなるだけでなく、そのまま放っていたら大変な状態になるのはお分かりだと思います。

家も同じでもともと躯体が木で出来ている家に呼吸をさせなかったら傷むのは当然と考えます。躯体は人間でいえば筋肉や骨でしょうか?であれば、呼吸するからこそ健康(丈夫)でいられるわけで、なんでも気密ばかりを求めたら永くなんて持たないと思います。

戦前の日本の住宅は「木」と「紙」と「土」で出来ていました。どれも「呼吸」する素材です。それが戦後の住宅需要、経済の発展とともに日本の住宅は工業製品化することに成功したのをきっかけに大量に早く、均一な品質での家づくりが可能になりました。ハウスメーカーはそこから誕生していると思います。
家は「建てる」から「買う」ことが一般化、時間と手間のかかる漆喰や木より便利なサイディングやビニールクロスにと代わったのです。

「豊か」になった暮らしと引換えに様々な事柄が建築の分野で問題視され、いまでは5人に1人がシックハウス予備軍といわれています。

まとめると、建材から発生する化学物質、その化学物質をエサにするカビから「家」と「暮らす人」を守るために選ぶ素材はしっかり勉強して選ぶべきだということです。新築で美しいのは当たり前、ノンワックス効果の高いフローリングがツヤツヤしていることが大事なのかどうか。絵柄のすてきなデザインで店舗のような空間を演出することで「静電気」や「カビ」は防ぐ効果があるのかどうか。性能の良い断熱材をいれても表面にはビニールクロス、床にはフローリング材。少しバランスが悪いと思いませんか?

全員が自然素材を選ばれるとは思いませんが、素材を知って見比べることが家づくりをするにあたって大事だと考えます。
無垢の床の家、漆喰壁の家、自然塗料を使ってある部屋と体感されてみることを選択肢に入れてみてください。

フローリングの家、ビニールクロスの家、塗料には気を使っていない「色」「コスト」「手軽さ」優先の家。たくさん見て(ハウスメーカーの家も自然素材の家も)どちらが心地よいか、家族と家がながく健康でいられるかの知識を得られてから、進まれることをおすすめします。

このページのトップへ